<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

りょうに惚れる!!その2

夜、寝る時間をとっくに過ぎても
寝室で二人でいつまでも遊んでいるので
ドアを閉めて、真っ暗にした。
「いいかげんにしなさい!」

しばらくして見に行くと、閉めたはずのドアが開いている。
「お仕置きで閉めたのに、誰があけたの?」
と、仁王立ちで脅かすと
はるがいかにも「俺がやった~」みたいな顔をしたのですぐにわかった。
それを、黙っている二人に対して
わざとりょうの方を向いて聞いた。
「誰があけたの!?」

りょう「・・・・・・・・・」
母  「聞いてることに答えなさい!」
りょう「・・・・・・・・りょうとお兄ちゃんと二人であけた」

・・・・その間に横ではるがぼそぼそと「はるがあけた・・」と言っている。

母  「二人で開けた?一個のドアを二人で開けたの?」←ちょっとわざと怒り気味。
りょう「・・・・・・・・・どっちがあけたか忘れちゃった」
母  「(かなりしつこく)忘れただ~~???
    たった今の話でしょ!正直に言ってごらん!」
りょう「・・・・・・・・・・・・開けたのはお兄ちゃんだけど、 
    りょうは何にも言わないで見てたから、だから二人で開けちゃったの。」

なんだか、母、感動~~。

りょうっていい男!!

その横で、さすがのはるもこの弟の行動に感動したようだ。
「もし、今のがはるだったら・・・・・。今はりょうがそうやって言ってるのを聞いたから
同じようにしたいと思うけど・・・・・、りょうがやったって言っちゃうかも。」
なんて、照れ笑いをしてた。

もう一度言うが、りょうっていい男!
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-31 22:56

男の習性

男って小さい頃から戦い好き。
棒を見つければ、すぐにちゃんばらを始める。
気が付けば競争してる。
「俺が一番だ!」とか「俺が勝ちだ!」とか・・・・・。

それに、物を探すのがすごくへたくそ!
夫にしたって、冷蔵庫の中のほんの数cmのスペースを指定しても
そこにある 『からし』 を見つけられない。

みんな、着替えるたんびに
「俺のTシャツはどこだ~」「俺の、靴下はどこだ~」と
上から下まで着るのに大騒ぎ。

甘えてるんだろうけどね~、きっと。
しかし、腹立つんだよね~、一日中それ聞いてると。

まあ、兄弟3人、よく何かを探してるわ~~。
「あれはどこいったかな~」
「お母さん、りょうの恐竜知らない~?」

知るかっっ!!
見てるだけで頭くるんじゃい!!
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-28 21:17

はるとの会話

テレビを見ながら、はると日本の『死刑』の話になった。
はる「死刑ってどうやってやるの?」
母 「階段上って台の上に立って、首にロープをかけると
   底がばたん!!って抜けて首吊りになるんだよ。」
はる「!!手はどうなってんの?」
母 「ん~~、後ろか前で縛ってあんのかなぁ・・。」
はる「・・!!!!え~~!!じゃあ、死んじゃうじゃん!!」
母 「・・・・・・・・・・?????」

あなたとの会話って、冴えない四コマ漫画みたいだよね・・・・。


ただいま、下の二人が私の実家に帰省中。
静かぁ~~~~。。。
一人ってらくちんだなぁ~。
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-28 10:01

親の力量

最近、はるの個性が確立しつつあります。
これまでは、親のもっていきようで割とどうにでもなった子どもの性格も
ここへきていよいよ、親が周りでどうあがこうと
はる自身の個性のほうが、主張してくるようになりました。

しかも・・・・・、
それは私の女としての部分で「全く魅力のない男」・・・・・。

はぁ~~、これには困っています。
私も人間なら、子供も人間。
そりゃあ、フィーリングが合う合わないがあるのは当然なんですが、
それに気が付いてしまったとき、
親として自分を責めるし、悲しいし、
でも現実を受け入れなくちゃいけません。
嫌いな男だからって、無視するわけには当然いかないのです。


一生懸命頑張るけど、なにをしてもいまいち決まらない人と
努力はしないのに、なんでも一応形になる人、っていません?
前者は、はる、
後者が、りょう。
今はこんな関係。

さて・・・・・、嘆いてばかりもいられない。
ここからが親の腕の見せ所ではないでしょうか?
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-20 21:26

病院漬け

先週、私の肩が痛くなったのと同時に
はるの喘息が出てきました。
私の実家が、犬を4匹猫を一匹飼っていて、
悲しいかな・実家に帰った日には必ず発作が起きてしまうのです。
犬に対してはそんなにアレルギーはないはずなんですが・・・・。

昨日、昼間もかなり調子が悪くて
本人もじっとしていればいいものをりょうと一緒になって暴れるもんだから
夕方にかけて、ゼロゼロがひどくなってきてはいました。

しかし、私も昨日はじっとしていても常に肩に痛みがあり
少しでも動かしてしまったりすると激痛が走るような状態でしたので
3人を連れて車を運転し、はるを病院に連れて行くのはかなり無理がありました。

とりあえず、前回の薬も余っていたし
それを飲ませてしのごう・なんて思っていましたが・・・・。

その日の夜、肩で息をし始めておなかもべこべこ、
見るからに酸欠状態。
あぁ~~~、これは久々の夜間救急だぁ・・・・。

そういえば、この子はよく連れて行ったよなぁ。
しかも、週末だのお盆だのお正月だの・・そんなときばっかり。
一番ひどかったのが、海外旅行を計画していた10日ほど前の入院騒ぎ。
あれには参りました・・・・。
結局は何事もなく行けましたけど。

そうそう、今回の救急。
夫はお酒飲んじゃってるし、私は肩の痛み・・・。
でも、結局は夫が連れて行きました。
「来る途中、救急車を呼ぶことになるかもしれないくらいの覚悟で来て下さい」
なんて、脅かされてしまいました。

とりあえずは、吸入を受けてかなり楽になったようで、一安心・・・。

喘息には慣れっこです。
でも、いまいち夜間でも連れて行くべきなのかどうか
いつも判断の目安があやふやで悩むんですよね~~。

とりあえず、今回は連れて行って正解だったみたい。

そうそう、今夜もかなり苦しそうな咳をしてます・・・。
今日は夜間救急は勘弁してください。
明日もまた病院めぐりだ~~!!
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-18 00:06

石灰沈着性腱板炎

四十肩とは少し違うらしい。

しかし、この痛みの中、息子たちの運動会の中にじっとしているのって
地獄の苦しみ・・・・。
ネットで調べたら「突然の激痛が走る」って書いてあって
「あぁ~、この痛みをわかってくれる人がいるんだな」なんて思って
うれしくなっちゃうあたしって、ちょっと変?

こんなときは、あきらめて何もしないことだよね。
「あれしなきゃ~、これやらなきゃ~」っていろいろ思うとしんどくなって
いらいらするばっかりだもん!

神様のくれた休息。満喫いたしましょう。
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-16 13:29

母の苦しみ

私・ともぞうは今年35歳を迎えます。
いちおう、まだ40前。

なのに!!なっちゃったんです、四十肩!
正確に申し上げますと、痛くなり始めたのは1年以上前。
それが、日々の生活の中で少しづつ・ひねってしまったり
無理な体勢になってしまったり、重いものを持ってしまったりで
この一週間、着替えもできないほど痛くなってしまったのです・・・・。

いま、この文字を打つのにも、左手は一切使えない状態・・・・・。

私の母親がなったとき、痛みって目で見てわからないので
なんだか実感もなく、何にもしてあげられなかったけど
実際自分がなってみると、本当につらいです。
じっとしていても、左腕全部が痛くて、指の先まで腫れちゃってるのです。

ほぇぇぇぇ~~~~、しかし、まいった・・・・・・。

一人だけならまだしも、今は夏休み真っ最中、
3人もうるさい息子が家中駆け回っているのです。

始めてから1年になるママさんバレー。
明日は行けそうにありません、残念。
しかし、この子どもたちと一日中家に閉じこもりきりかと思うと
もっと切なくなってきます・・・・、とほほ。
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-15 20:37

兄弟げんかの結末

はるとりょうが、怒鳴りあいの大喧嘩をしていた。
小さな揉め事はしょっちゅうだけど、
ここまで怒鳴りあって手を出し合うのはあんまり見ない。

夫が見かねて口を出した。
「はる、お前は悪いところはひとつもなかったか?
 りょう、お前もお父さんに怒られるようなことは何にもないか?」

すると、はるは急に泣き始めて
「はるは悪くないもん~~~(T T)」
りょうはしばらく考えて
「りょうも、ちょっとは悪かったかも・・・・・」

でも、両親ともども考えていたのは同じこと。
「りょうは自分が悪いときにはあんなに言い返したりしない。
 あそこまでお兄ちゃんに文句を言うのは、多分はるのほうが悪かっただろう」
夫は完全否定のはるに別段おとがめをするわけでもなく、
「けんかにどっちかだけが悪かったなんてことはあり得ないんだよ。
 もう、歯磨きして寝なさい」
とだけ、言った。

二人がベッドに行って少し落ち着いた頃、
そっと行ってりょうに話しかけてみた。

母  「ねえ、さっきのはりょうが悪かったの?」
りょう「う~~ん、りょうも少しは悪かったけど・・・・」
母  「じゃあ、お兄ちゃんも悪かったんだ。二人とも悪かったんだ。」
りょう「お兄ちゃんのことはわからない。」
母  「?なんで?お兄ちゃんが悪いと思ってたからあんなに文句言ってたんでしょ?」
りょう「でも、今はお兄ちゃんのことはわからないの」
母  「あ、じゃあもしかしてりょうが全部悪かったんだ!」
りょう「ちがくって・・・・、りょうも少しは悪かったんだけど
    今はお兄ちゃんのことを言うと文句言うし、だからおにいちゃんのことは
    わからないだけ。」

ふむふむ、なるほど・・・・・。

「はる、聞いてた?今の。けんかはね、絶対一人だけが悪いって事はないんだよ。
自分の非を認められないはるの、それが悪い・ってことだよ」
私ははるにそう言ったけど、全く納得がいかない様で
その後も
「さっきはごめんね」
とあやまるりょうに
「近くにきたら蹴り飛ばす!」
とか言ってた。

はぁ~~~、はるとりょうって・・・・・・。
男の度量の違いがこんなにもでるもんか!
りょうを見直すと同時に、はるにはちょっと落ち込みます・・・・。
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-13 22:17

夏休みのいろいろ・大人にとっての大事件!!

f0057650_22455054.jpg


キャンプへ行きました。
はるは、今年のキャンプから急にお兄ちゃんになっちゃって
自分から本当にいろんなことを手伝ってくれました。
頼もしいなぁ~~。
りょうは相変わらず怒られっぱなし。
ゆずも・・・・・、相変わらずのかわいさっぷりです♥
↑あ、ものすごいえこひいき??

りょうって、悪いことして怒られてるとき、
何を言われてもひたすら黙って聞いてるんだぁ~。
それが、すごいおもしろい。
「ばかじゃない!」とか「そんなことしてない!!」とか
子どもってとりあえず抵抗して泣くのに
りょうって「そりゃあ、いいすぎだろ~」って私が思うほど言われても
いっこうに言い返すこともなく、ひたすら黙って聞いてるの。
自分でわかってて、あきらめてるのね~(^^)

昨日は海へ行き、砂浜に車がはまって大変な騒ぎに!!
周りの人にも手伝ってもらいましたが
結局はジャフを呼んで、出られたのは4時間以上たってから。
車って動かなくなると、でかいだけで役立たずね~~。
子どもたちは夜の海を満喫してましたが
大人はどきどきだったんだから~~。

夫はかなりショックだったみたい。
自分の腕と、車の性能を過信しすぎていたことに気が付いたようで・・・・。

明日から、夫の実家に一泊で帰省。
子どもたちはまたまた大はしゃぎでございます・・・。

PS・焼肉の用意をして私たち家族を長い時間待っていてくれた私の母上。
   本当にありがとうございました。
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-11 22:56

夫なりの励まし??

「3歩いてて2歩下がったよ~~(T T)育児ってしんどい~~!」

と、夫に愚痴ったら

「大丈夫か?2歩歩いて3歩下がってないか??」

って笑われた。

進んでないじゃん!さがってんじゃん!!


今日は近所のりょうの友達が来ています。
このマンションは、そんなところが好き。
暇なときふらっと行けば、必ず誰か子どもがいる場所があって
それが年上だろうと年下だろうと構わず遊び、
誘いに行くときも「ピンポ~ン♪こんにちは~~」って
もう玄関先にいる様な感じ。

なので、そのりょうのお友達にもお昼ご飯を食べさせ
私は昼寝できちゃったりもするのです。
「あなたたちは勝手に遊んでて」って感じ(^ ^;)
でも、男だらけはうるさいです~~・・・・・。
[PR]
by tomozo-numan | 2006-08-01 13:40